検索
  • crs245

最新作のプロダクション・ショー「スポットライト・バー」をディスカバリー・プリンセスで初披露

最新作のプロダクション・ショー「スポットライト・バー」をディスカバリー・プリンセスで初披露プリンセス・クルーズは、2022年4月に新造船「ディスカバリー・プリンセス」で最新作のオリジナル・プロダクション・ショー「スポットライト・バー」を初披露することを発表しました。この想像力に満ちあふれたショーはお客様を活気あるバーの雰囲気へと誘い、そこでは地元の語り部たちと出会い、歌を通して彼らの人生の物語に触れることができます。

バーのオーナー、常連客やそうでない人など、すべての人の思い出を呼び起こし、思わず体を動かさずにはいられないようなプレイリストで、「スポットライト・バー」は、皆が集う場所になることでしょう。このショーでは、モダンミュージカルのプレイリストが用意され、様々な曲をキャストが演奏します。


•サラ・バレリス「ブレイヴ(Brave)」

•スティーヴィー・ワンダー「ドント・ユー・ウォリー・アバウト・ア・シング(Don’t You WorryAbout a Thing)」

•カミラ・カベロ「ハバナ(Havanna)」

•リル・ナズ・X &ビリー・レイ・サイラス「オールド・タウン・ロード(Old Town Road)」

•ジャスティン・ティンバーレイク「ドリンク・ユー・アウェイ(Drink You Away)」

•ジョージ・マイケル「フリーダム(Freedom)」


プリンセス・クルーズのエンターテイメント・エクスペリエンス担当ヴァイス・プレジデントであるデニス・サヴィスは次のように述べています。

「スポットライト・バーは、地元の人々が集まり、おしゃべりを楽しみ、笑い、お酒を飲み、そして1、2曲歌いたいと思う、フレンドリーな近所にあるバーの物語を語ります。ディスカバリー・プリンセスのお客様には、親しみやすい音楽と友情というテーマに夢中になり、才能あるプリンセス・クルーズのエンターテイナーと心からつながることを願っています」。

「スポットライト・バー」は、2022年4月17日、ロサンゼルス発着メキシカンリビエラクルーズを運航するディスカバリー・プリンセスのプリンセス・シアターにて初披露されます。このショーは、ディスカバリー・プリンセスの全クルーズで上演され、プリンセス・クルーズの情熱あふれるシンガー、ダンサー、ミュージシャンによる生演奏をお楽しみいただけます。

プリンセス・クルーズと共に「スポットライト・バー」を作り上げた制作チームは以下の通りです。



カレン・ブルース(監督・振付)

英国内外の劇場やテレビで活躍するブルースは、「ラスト・タンゴ」、「ダンス・ティル・ドーン」、「ミッドナイト・タンゴ」、「ラブ・ミー・テンダー」、「ボディガード」(英国、ドイツ、米国)、「アント・アンド・デックス・サタデーナイト・テイクアウェイ」、「ストリクトリー・カム・ダンシング」(2011年から5シーズン)、BBC「ソー・ユー・シンク・ユー・キャン・ダンス」(第2シリーズ)の演出・振付を担当。ドンマー・ウェア

ハウスでの「太平洋序曲」の振付でローレンス・オリヴィエ賞を受賞、「サタデー・ナイト・フィーバー」の振付ではミュージカル・シアター賞最優秀振付師に選出。テイク・ザットのミュージカル「ネバー・フォーゴット」の振付でも高い評価を得ており、「フットルース・ザ・ミュージカル」と「フェイム」の英国公演およびウエストエンドでの演出・振付を担当したことでも知られる。1995年から2006年にかけて、数作品のプロダクション・ショーを手がけた経験のある、プリンセス・クルーズにも馴染み深い人物。


モーガン・ラージ(舞台デザイン)

「ロック・オブ・エイジズ」、「フェイム」、「テル・ミー・オン・ア・サンデー」、「ワンダーランド」(シアターアワード最優秀デザイン賞)、「ルーム・オン・ザ・ブルーム」(ローレンス・オリヴィエ賞ノミネート)、「トップハット」で知られる英国の著名な舞台美術家。ブルースとは「ラスト・タンゴ」、「フットルース・ザ・ミュージカル」、「ミッドナイト・タンゴ」(ローレンス・オリヴィエ賞ノミネート)で共に作品に携わる。


クリス・イーガン(音楽監督)

映画、テレビ、劇場音楽、ライブコンサートなどで幅広く活躍する英国の作曲家、オーケストレーター、指揮者、音楽監督。主な作品は「ボディガード」、「ウェディング・シンガー」、「アップステアーズ・ダウンステアーズ」、「ダウントン・アビー」、「ひつじのショーン2」など。イーガンは、エレイン・ペイジの音楽監督も務める。


ジェームズ・ホワイトサイド(照明デザイン)

英国内外で演劇、ミュージカル、ダンス、オペラの照明に15年以上の経験を持ち、コマーシャル・プロデューサー、レパートリー・ハウス、独立系劇団のために働く。小規模なツアーからウエストエンドのミュージカルまで、様々な照明デザインを手がける。2006 年、プリンセス・クルーズの作品「デスティネーション・エニウェア」でブルースと共に作品に携わる。

ジャクソン・ローウェル(衣装デザイン) ケイティ・ペリー、ピンク、ポーラ・アブドゥル、エルトン・ジョン、バーブラ・ストライサンド、アッシャーなど多くのセレブリティやコンサートツアーの衣装を担当。また、ハバード・ストリート・ダンス・カンパニー、ポール・テイラー、サンフランシスコ・バレエ団、トワイラ・サープ、オークランド・ダンス・カンパニーなど、多くの著名なダンスカンパニーのデザインも手掛ける。クルーズ客船というユニークな環境を理解し、その専門知識をプリンセス・クルーズでも遺憾なく発揮した。

ディスカバリー・プリンセスは 2022 年 3 月 27 日~4 月 24 日の期間はメキシカンリビエラおよびカリフォルニアコーストクルーズに就航し、その後太平洋岸へと向かい、シアトル発着のアラスカクルーズ 8 日間のシーズンがスタートします。

乗客定員 3,660 名のディスカバリー・プリンセスは、ロイヤル・クラス 6 隻目にして最後の新造船で、姉妹船であるエンチャンテッド・プリンセス、スカイ・プリンセス、マジェスティック・プリンセス、リーガル・プリンセス、ロイヤル・プリンセスの壮麗なスタイルと豪華さを全て受け継いでいます。洋上最大級のバルコニーから 270 度の眺望をお楽しみいただけるスカイ・スイート、究極のくつろぎをご提供するサンクチュアリ、五感を刺激するワールドクラスのダイニングなど、革新的な新しい体験の数々をご用意しています。ディスカバリー・プリンセスは、最新テクノロジーを駆使し、燃料消費量の削減、廃水処理、環境コンプライアンスへの取り組みなどを行っています。

閲覧数:2回0件のコメント