検索
  • crs245

新造船ディスカバリー・プリンセス、プリンセス・クルーズの客船に正式に加わる

1月28日(現地時間)、新造船「ディスカバリー・プリンセス」は、イタリアのモンファルコーネにあるフィンカンティエリ社の造船所で行われた引渡式で、正式にプリンセス・クルーズへと引き渡されました。

ディスカバリー・プリンセスは、15隻目となるメダリオン・クラス客船としてデビューし、これまでのロイヤル・クラスの客船に共通するデザインプラットフォームをさらに進化させた客船です。ディスカバリー・プリンセスの引渡式には、プリンセス・クルーズ社長のジョン・パジェット、船長のジェナロ・アルマ、フィンカンティエリ社商船事業部長のルイジ・マタラッツォ氏が出席しました。

プリンセス・クルーズ社長のジョン・パジェットは次のように述べています。

「壮大なディスカバリー・プリンセスが正式に加わることは、プリンセス・クルーズにとって大きな節目となります。ディスカバリー・プリンセスを含む、ロイヤル・クラス全6隻の建造に携わったフィンカンティエリ社との長年にわたる信頼できるパートナーシップに絶大な感謝を捧げるとともに、数週間後にこの美しい客船を体験していただく最初のお客様をお迎えすることを心から楽しみにしています」。

乗客定員3,660名のディスカバリー・プリンセスは、ロイヤル・クラス6隻目にして最後の新造船で、姉妹船であるエンチャンテッド・プリンセス、スカイ・プリンセス、マジェスティック・プリンセス、リーガル・プリンセス、ロイヤル・プリンセスの壮麗なスタイルと豪華さを全て受け継いでいます。洋上最大級のバルコニーから270度の眺望をお楽しみいただけるスカイ・スイート、究極のくつろぎをご提供するサンクチュアリ、五感を刺激するワールドクラスのダイニングなど、革新的な新しい体験の数々をご用意しています。さらに、プリンセス・ライブ・エンターテイメントでは、最新鋭のプリンセス・シアターでしか見るこ

左より:新造船「ディスカバリー・プリンセス」、船長ジェナロ・アルマ、プリンセス・クルーズ社長ジョン・パジェットとのできないブロードウェイ・スタイルのプロダクション・ショーが魅力の1つです。ディスカバリー・プリンセスは、最新テクノロジーを駆使し、燃料消費量の削減、廃水処理、環境コンプライアンスへの取り組みなどを行っています。

さらに、ディスカバリー・プリンセスは、最先端テクノロジー「メダリオン」により、プリンセス・クルーズが誇るワールドクラスのダイニングやエンターテイメント、お客様のご要望に合わせたきめ細かいサービスなど、安全と快適を両立した質の高いクルーズ体験をご提供します。500円硬貨サイズのウェアラブルデバイス「メダリオン」は、密を回避する非接触型のスムーズなチェックイン、船内でのご同行者の位置確認、お食事やお飲み物などを船内のどこへでも直接お届けするなど、充実したサービスの提供を可能にします。また、快適なインターネット環境を提供する洋上最速クラスのWi-Fiサービス「メダリオン・ネット」

を通じて、お気に入りのクルーズ体験を共有できるほか、ご家族やご友人との連絡、船上でのワーケーション、SNS投稿、お気に入りの映画や番組のストリーミングもお楽しみいただけます。

アメリカ西海岸を代表するクルーズラインとして、ディスカバリー・プリンセスはイタリアからロサンゼルスへと出航します。2022年3月27日~4月24日の期間はメキシカンリビエラおよびカリフォルニアコーストクルーズに就航し、その後太平洋岸へと向かい、シアトル発着のアラスカクルーズ8日間のシーズンが

スタートします。

閲覧数:4回0件のコメント